監査部門の体制見直しが必要

日本版SOX法が経営者に義務として求めているのは「財務報告に係る内部統制の評価」がその中心です。

経営者に課せられた「財務報告に係る内部統制の評価」の実践を担うには、一般的に内部監査部門となるでしょう。

独立的にモニタリングを実践し、内部統制を有効に機能させるために内部監査部門の重要性が高まっています。

最終責任を負う経営者にとっても、内部監査部門はありがたい存在でしょう。内部統制の評価を行い、改善すべき点を指摘してくれれば、業務の有効性や効率性も高められます。

新たに始まる「内部統制の評価」をおこなえるだけの人的資源が監査部門に配置されていますか?

監査部門の人員体制やレベルについて見直しが必要です。

「財務報告に係る内部統制の評価」を行う監査人の育成には時間がかかります。監査部門の体制見直しは早急な取組みが必要と言えます。