内部統制プロジェクトの注意点

金融商品取引法の成立によって下記2点の義務が発生します。

1) 財務統制に係る内部統制が有効に機能していることを経営者が評価すること
2) 経営者の評価が適正であることを公認会計士が監査すること
(金融商品取引法第24条の4の4、金融商品取引法第193条の2第2項)

 内部統制構築に向けたプロジェクト推進体制のポイントを下記の項目に沿って解説します。


内部統制プロジェクトの注意点 記事もくじ

経営者の関与が不可欠ですー1
経営者が罰せられることを明確に認識せねばなりません。
経営者の関与が不可欠ですー2
経営レベルの方が中心に立ち、求心力を発揮する必要があるのです。
監査部門の体制見直しが必要
内部統制「評価」の担い手として早急な取組みが必要です。
財務報告の信頼性と業務効率とのトレードオフ
省略されていた業務を実践すれば、利益が減少したり、経費が増加したり・・・。
コンサルタントを選ぶ際のポイント
コンサルタントを選ぶ際の2つの条件は・・・。
 スポンサードリンク - - - - - - - - -