かけた費用に比べて便益(メリット)が小さい場合

内部統制システムと得られるメリットのバランスが重要です。

内部統制の有効性の証明は、あくまで「合理的な」証明であって「絶対的な」証明ではありません。「合理的な」とは、限られた経営資源の中で経済的に可能な、最良の効果を目指すということなのです。

もともと内部統制とは「企業の目的」を達成するために行われるものですから、内部統制によって得られるメリット以上の費用をかける必要はありません。

日本版SOX法にも、内部統制システムの構築水準や対策費用などの具体的指標は提示されていません。法制化されるのは、むしろ必要最小限のルールと言えるでしょう。

内部統制の構築を進める皆さんの「腕の見せ所」が「大いにある」と考えましょう。

内部統制は各企業の創意工夫に委ねられています。各企業の業種や業態、実態に合わせて、自主的に内部統制の構築と評価を進め、企業活動を活性化に役立てましょう。