統制活動− 内部統制6つの基本的要素 (3)

内部統制6つの基本的要素 その3番目は「統制活動」です。

統制活動とは「経営者の命令および指示が適切に実行されることを確保するために定める方針および手続きを言う」とされています。

統制活動には権限や職責の付与、職務分掌、業務遂行に必要なルールや基準など、広い範囲の方針や手続きを含みます。

このような方針や手続きは、無論さまざまな業務のプロセスに組み込まれており。組織内の全ての者によって遂行されて機能するものです。

一般に「内部統制」と言えば、この統制活動をイメージする方が多いでしょう。

財務報告の信頼性に関しては、次のような活動を通じて、財務報告に影響を及ぼす方針と手続きが適切におこなわれていることを確保できるとされています。

 ・ 明確な職務の分掌

 ・ 内部牽制

 ・ 継続記録の維持

 ・ 実地検査などの資産管理

これらを組織内で適切に監視し分析してゆくことが重要です。

内部統制6つの基本的要素