4つの目的―内部統制が目指すもの

内部統制とは、次の4つの目的を達成するために業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスを言います。

 1. 業務の有効性および効率性
 2. 財務報告の信頼性
 3. 事業活動にかかわる法令等の順守 (コンプライアンス)
 4. 資産の保全

この4つの目的はキューブに図示されるとおりに相互に絡み合っています。
4つの目的の全てが業務プロセスに組み込まれている場合にのみ、内部統制が機能していると言えるのです。

金融商品取引法(日本版SOX法)による内部統制の枠組みは、米国のCOSOのものをベースに日本向けにカスタマイズされています。

具体的には4の「資産の保全」はCOSOでは明示されていませんでしたが、日本独自の監査役制度に対応させて、監査役の役割と内部との関わり方を明確にするために追加されました。

内部統制4つの目的