SOX法の正式名称は?

SOX法(Sarbanes-Oxley Act)の正式名称は
「Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002(上場企業会計改革および投資家保護法)」です。

法律の目的は、その名のとおり、
 ・ 会計制度の見直しと
 ・ 監査法人の独立性強化、
 ・ 経営者のアカウンタビリティの向上
 ・ コーポレートガバナンスの向上
 ・ 投資家の保護

等となっています。

SOX法の名称は、この法案を提出したポール・サーベンス上院議員とマイケル・G・オクスリー下院議員の2人の名前から、一般にはサーベンス・オクスリー法(Sarbanes-Oxley Act)と呼ばれ、サーベンスのS、オクスリーのOXをとって、略してSOX法(ソックス法)、また日本では一般に「企業改革法」と呼ばれています。